こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。更新すると槍が振るかもしれないブログ

ラストアイドル(7/1)の感想「笑っても泣いてもやっぱり琉愛」

瑠奈ちゃんの3戦目が無事終わりましたね。

3戦目になって少しは成長した姿が見られるのかと思っていましたが、やはり「泣きの山本」は健在でした(・ω・)

本人曰く「3戦目が早すぎた」とのことですが、ま、その通りですね!

前回の次回予告で琉愛ちゃんのティザー映像が流れた時、「またか!またコイツか!(`・ω・´)」と思いました。(コイツ呼ばわりごめんなさい)

どうやら琉愛ちゃんは泣きじゃくりながらでも的確なコメントを残すコメント力はお持ちのようです。(ココ笑うとこですよ)

そして選曲が松浦亜弥さんの「Yeah!めっちゃホリディ」(笑)

これまたのっけから大泣きしている琉愛ちゃんが、こんな根っから明るい曲を歌ってちょっと大丈夫なのか…と審査的にはすごく不安になりましたよ。(けして審査員ではない)

竹山さんも「どうしてこの曲で泣いちゃうの?」と、司会的には100点だけど、お笑い的には50点のコメントを残す羽目になりました。

全体的には「Yeah!めっちゃホリディ」と言うより、「Yeah!めっちゃピンチ!」って感じでしたね。

今回は期間も短く、練習も満足にはできなかったのでしょう。しかし、そんな中でも琉愛ちゃんの成長が少しだけ垣間見えました。

まず、歌が大だいぶ安定してきた。

前回までは、声が裏返ったり音が飛んだり、大胆に歌詞を間違えたり…とお世辞にも上手とは言えないパフォーマンスを繰り広げてきました。

しかし今回は、歌詞は間違えなかったですし音も大体合っていましたね。特に低い音がしっかり出せていたと思います。

ココだけの話、瑠奈ちゃんは声質の素材自体は悪くないので、もう少し抑揚をつけるトレーニングをすれば、化けるんじゃないかと思いますよ[壁]ω゚)ヒョッコリ 

ただ、まだ声に幼げが残るので3年後くらいに期待ですね。

それから、ダンスもそこそこ良いですよ。

未経験からはじめたにしては、けっこう板についているのではないでしょうか。むしろ歌よりダンスの方が得意そうな感じがします(笑)

それからあとは山本ワールド。

まだまだぎこちない笑顔に、不安が入り混じった芯の通らない歌声、途中で緊張に押しつぶされそうになってガムシャラに叫ぶような表情…などなど。この辺は割と初回から変わってないなと思います。

いやだからこそ、思うのです。これが世に言う「山本ワールド」なのだと。

アイドルって何かしらトレードマークがあった方が良いですよね。このご時世、ただ可愛いだけとか、ただ歌が上手いだけとかじゃ、もうウケないんですよ。

じゃあ、今のアイドルに何が必要なのか。

答えは「唯一無二のキャラクター」なのだと思います。

確かに琉愛ちゃんは実力ではどの挑戦者にも勝てていません。

しかし、どの挑戦者も実力で勝負して琉愛ちゃんに勝てなかった。

ということは、やはり彼女のキャラクターが評価されていることは言うまでもありませんね。

しかも、3戦とも全ての審査員の票を獲得するというパーフェクト勝利を達成して、これでやっと挑戦者側も「琉愛ちゃんには勝てない」と分かったんじゃないでしょうか?もし今後、瑠奈ちゃんを負かすほどの挑戦者があらわれたら、それこそまさに真のアイドルだと思います。

そのためには歌とダンスはもちろん、琉愛ちゃんのインパクトに負けないくらいのキャラクターを持ち合わせている必要がありますから。

まぁなだんかんだ言って、琉愛が残れて良かった!(欣喜雀躍)

それから、審査員がおそらく初めて(?)のブラザートムさん。

トムさんはこれまでの審査員とは違って、ちょっと厳しい言葉を投げかけていました。この言葉は琉愛ちゃん自身にも結構刺さったんじゃないかな?確かに、トムさんの言うことはプロとして大成するためには必要なことだと思う。ただ、琉愛ちゃんならその成長の過程が見れるから面白い、という見どころも評価してくれたんだろうね。

それから「アイドルってその先のいろんな道が広がってると思ったら間違いだよ、アイドルしかできなくなっちゃう」という言葉が印象的でした。

てっきりアイドルになったらいろんな可能性が広がっていると思っていました。

ドラマとか映画とか演技もやろうと思えばできるし、アイドル時代にヒット曲を出せば一生歌で食べていけるのだと。

その世界にいる人にしか分からない「現実」の声が聞けて、とても聞き応えがありましたね。

次回は水野ちゃんだそうですね。これで2度目のバトルですか。

水野ちゃんのことはあまり良く知りませんが、こちらもどちらかというとアイドルっぽくないアイドルです。

かわいいと言うよりはクール系で、表情も超クール。笑

ドラムの腕前はなかなかのようですが、アイドル性がイマイチ見て取れないため、なぜセンターに抜擢されているのか不思議なくらいです。

一度対戦経歴がありますが、歌もとびっきり上手いわけではありません。

未だ謎多き人物ですが、2度目の対戦で彼女に秘められたアイドル性が開花することを願っています。

にしても、挑戦者の方が手強そうな相手だっただけに、次の回はラストアイドルきっての名勝負となりそうですね。

それでは来週までごきげんよう

ラストアイドル(6/10)感想「吉田豪の炎上、再び」

6月10日放送のラストアイドルでは、裏センターに適任だった木崎が落とされ、新しく佐々木一心ちゃんが入りました。

ラストアイドルのメンバー交代、これで4人目です。

で、今回はラストアイドル至上に残る珍ジャッジだったそうで、吉田豪さんがまた炎上しております。

光の速さでバーベキューができるんじゃないかってくらい火力が強い模様です。みなさまもどうかご注意を(?)

で、今回のジャッジを一言で言うと

「すごく意外だった」

おそらく傍から見てた視聴者でも「勝者木崎だな」って思いましたから。現に、他の審査員のジャッジはみんな木崎だった訳ですし。

豪さんはいつも、アイドルっぽくない子を選びますね。そしてそれは運悪く多数派の意見ではなく、少数派の意見。この辺は不遇の時代を生きられているということで、間違いなさそうです。

にしても相手が木崎だっただけに、敗退はかなり惜しまれたんじゃないだろうか?木崎は立ち位置5番じゃなくてもいいから、個人的に欲しいメンバーだったな。

ただ、一心ちゃんは40分しか練習時間がない状態で、形だけはダンスが踊れていたので伸びしろは十分ありそう。さっそくネタバレの件でプチ炎上しているようですが、この炎上はいかがなものでしょうか。

ことの発端はやはり大人サイドにあるわけで、やり場のない怒りの矛先が佐々木に向いて、炎上に巻き込まれている感はありますね。番組や運営陣の策略で、メンバーが炎上に巻き込まれてしまうのは嘆かわしい気がするのですが。

選ばれた者の宿命というやつなのでしょうか?

それでまぁ、次回のご使命は琉愛ちゃんだそうで。…てか琉愛ちゃん狙われすぎじゃね!?

まだ1回も指名受けてないメンバーもいるのに、もう3回目です。人生のモテ期、早めの到来でしょうか?

それにしても、みんな弱いところを突こうとしているのか、それとも本気で琉愛ちゃんに勝てると思っているのだろうか…。

おそらくだけど、琉愛ちゃんのキャラクターに勝る逸材はそういない。

みんな琉愛ちゃんに実力で勝ちに行こうとしてるけど、それでは全く効き目がないですよ。

なぜなら、琉愛ちゃんは実力が評価されているわけではなく、人を惹きつけるキャラクターが評価されているから。これまでの審査員の方も言ってたけど

「何かの間違いで紛れ込んだ素人」

これは、そのまんまその通り。

琉愛ちゃんは、加入以前に歌やダンスの経験は全く無く、ほぼ素人に等しいのだそう。他のメンバーは、意外とダンスやってたり兼任したりしてるような子もいて、その道のプロっぽい風格をまとっています。

では、なぜ実力のない素人が選抜されているのか?

それは、”審査側が琉愛ちゃんに何らかのスター性を感じたから”としか言いようがないですね。

黙ってると、パッと見ちょっと顔が良いのかなって思うくらい。

しゃべってると、この子ポンコツなんじゃないかって思うくらい。

でも、泣きながらでもしっかりとしたコメント残してるのを見ると、やっぱり「この子は何か持ってるんじゃないか」って思えてくるんですよね。

ぶっちゃけた話、ラストアイドルの暫定メンバーに選ばれてる時点でみんな凄いですよ?

挑戦者をバッタバッタなぎ倒していく姿を見ると、みんな伊達にアイドルやってないなって思う。

これまでに落選した人だって、おそらく審査は半々くらいの僅差で負けてた。

満場一致だったのは下間花梨ちゃんくらい。

挑戦者の方が有利だと言われているけれど、暫定メンバーに選ばれるほどのアイドル性があれば、そう簡単には負けないということが分かりますね。(審査員が吉田豪である場合を除く)

さて、ラストアイドルも残すところあと何回なのでしょうか?(数えてない)

それまでに、吉田さんが審査委員に選ばれるのは何回なのでしょうか?(特にディスってはいない)

もはや、吉田豪さんが台風の目、一番の見どころになっちゃいましたね(・ω・)

スポンサーリンク

 

ラストアイドルのゲリラ豪雨こと吉田豪がまた日本で炎上したらしい

半年以上ぶりに筆をとります。あ、筆をとると言ってもキーボードカタカタ打ってるだけなんですけどね。そこはパソコンが無かった時代とパソコン当たり前になった現代の文明の差をしみじみと感じ取っていただけたら…と思います。(何の話だ)

 

ところで、ゴウさんがまた炎上しましたね。

ゴウさんと言っても、綾野剛…でもなく、郷ひろみ…でもなく、吉田の豪です!(ジャパーン)

やらかしたと聞いた、というよりは録画したラストアイドルをこの目でまじまじと見て、「これは炎上するだろうな」と直感的に思ったのが本当のところです。(久々の主さんどうも文章力のキレが悪い)

で、案の定炎上したと。

で、何が言いたいかと言うと。

テメェナニヤッテンダコンニャロふぎwろgmwぽgんdfすおgんヴえんjdsぎうry

と言いたいところをグッとこらえて、右の握りこぶしをおろして、左手に持ったハンマーをそっと床において冷静に考えてみようと思います。

でまぁ、今回の挑戦者「佐々木一心」ちゃん。

まだまだ若いし、これからトレーニングしたらいくらでも光るみたいな子ですよ。まぁもし、初のオーディションがラストアイドルじゃなかったらいくらでも取りたいとこあるだろ!ってくらいの原石だったわけで。

当然選びたくなる気持ちが、分からないでもないですよ?ええ、分からなくはないんですが…ちょっと吉田さん!(中田さん風に)

 彼女を否定するわけではないんですが、今回の選定基準は”ラストアイドルの5番に相応しいかどうか”だったんですよ。

で、相手が木崎でしょ。

これ多分日本全国津々浦々、古今東西の老若男女を集結しても木崎の地位を覆すのって、ナメクジがオミクジになるくらい難しいんです。

「例えがおかしいんじゃないのか?」というご意見やご感想は平日の午前9時~午後17時まで受け付けております。

かく言う審査前の吉田さんも「分かりやすくプロとアマ」って、本当はどっち選んだらいいかくらい分かってたでしょうね。

まぁ、そこをあえて外したんでしょうけど(白目)

ただゴウさんは、もう少し冷静になるべきだったと思うんです。

なぜなら、前回の蒲原ちゃんの件があるから。

彼女はゴウさんのジャッジにより、ラストアイドルに所属したが良いものの、めちゃくちゃ叩かれて、結局脱退にまで追い込まれてしまった。

正直、あんな悲劇はもう二度と需要ないですよ?

でもね、ゴウさんほんの最近まで安静にしてたんですよ。このジャッジ指名される前に何回か指名されてたけど、その時はいわゆる納得のいく”全うなジャッジ”されてたんです。だから、この時は炎上してなかった。

それなのに、ここに来て一体何をとち狂ったのか2度目の過ちを犯すなんて…ヤッベェゾ!(コロチキのナダル風に)

そしてもう1つ謎が残るのは、今回のジャッジは「アイドル性」で選んでいたところ。

ゴウさんは、前回のジャッジで明らかにアイドル性が高かった長月を落としたんですよね?で、歌唱スキルが高かった蒲原をとった。

でも今回のジャッジは、スキルの高い木崎を落として、アイドル性を評価して佐々木をとった。

これ真逆じゃね?(´・ω・`)

いつから審査基準変わったんですかジャパーン!

で、この謎を解明するカギとなったのがゴウさんの放送後のツイート。

「ようは、ポンコツが好き。」

ということらしいです。なるほどね。

蓼食う虫も好き好きと言いますが…蓼を好きすぎると時に波瀾を巻き起こす、という言葉を主の辞書に加えることにします。φ(。。 )カキカキ

そうは言っても、番組のルール的にどちらを選んでも罪には問われないんです。だから、100歩譲って誤審だとは言いません。(喉元まで出かかる)

でまぁ、結局何が言いたいのかって言うと、吉田豪の「豪」はゲリラ豪雨の…「豪」デース!(ジャパーン)

あとは、一心ちゃんのゆく末を静かに見守るだけです。

木崎ちゃん惜しかったなぁ(´・ω・`)

決して実力不足で落ちたわけじゃないことは分かって欲しいな。パフォーマンスはプロの貫録がみなぎってましたから。また救済措置もあるわけだし、そこでゴウさんを焼くなり煮るなり燻製焼きにするなり…好きにおしよ。

それでは何かと世を賑わせるラストアイドルに乾杯!…してほうじ茶でも飲みましょうかね…あでゅ。

スポンサーリンク

 

ラストアイドル(12/24)感想「ラストは続くよどこまでも」

感想アップが遅れました。

遅れたということは、リアルが多忙で

「つまり主はリア充なのか?」

と聞かれたら、疑う余地も無くそうではありません。

(誰か嘘でもいいから疑ってください)

ところで、ここ2回くらいの間に

番組上特に重要なイベントが沸き起こりましたね。

まずは、大石ちゃん生き残りおめでとう!

相手の子のアイドル性が高かっただけに

最後の最後にチェンジあるかも!?

とヒヤヒヤしたのを覚えています。

(吉田豪が審査員であることをふんだんに考慮する)

あの極度の緊張感の中、若干不安定ではありましたが

それを跳ね除けるが如く堂々としたパフォーマンスは

本当に素晴らしかったです。

最年少なのに肝座ってますねぇ。

ところで、まぁパフォーマンスを見て

やっぱり大石だと確信にも似た推論を抱いたわけですが

何がそんなにヒヤヒヤしたのかというと…

だ、だって選曲が…

 

お…お祭りマンボ!

 

あの時の地響きは震度5強くらいあったような…(マグニチュード0.1)

どうして…どうしてあの荘厳極まる

お祭りともマンボとも遥か彼方にかけ離れた

ステージでワッショイしようと思ったのか。

なぜ…!なぜなんだ大石ッ…!

あの張りつめた空気の中でなぜこの曲を

歌おうという結論に至ったのか。

問.思考回路を300文字以内で答えよ。

(お急ぎの方はスルーしてください)

本当はラストアイドルじゃなくて

吉本に所属したいことはよく分かった。

ただ、ちゃんとアイドルやってからにしましょうね。

(ワッショイワッショイ)

でも結果、勝てたから良かったですね(笑)

第一印象は割と正統派美少女の

イメージでしかなかったんですが

今はとにかく、吉本からスカウトが

来る予感しかしなくなりました。

さてラストアイドルメンバーが正式に決定したところで、

長かった主のコラム記事も終了と張り切っていたところ…

ーーー以下、にゃんこスター風にお送りしますーーー

あれ~?こんなところにラストアイドル

が番組表にまだ残ってるよ~?

てっきり20日にデビューして終わりだと思ったのにね~!

オンエアを見たら、次はプロデューサーがどうのこうの

秋元さんがどうのこうの、さっしーがどうのこうので…

終わらない~!メンバー決まったのに終わらない~!

終わる気、全くない!

ーーー以上、にゃんこスター風にお送りしましたーーー

 

マジすか(´・ω・`)笑

 

こ、こうなったらぶっちゃけアイドルメンバー以外に

全く興味がないなんて口が裂けても言えない!(今言ったね)

今回はセカンドシングルをかけて戦うそうですが、

こりゃ今後もバトル形式で対象を変えて

何かしらラストアイドル枠、続いて行くんじゃねぇですか?

まさに、えんどれす・すとーりー…

ということが分かり、主のライティング意欲が

じ・えんどしたことをどうかお許しください。

プロデュース編については、観ることは観るけど

書けるかどうか分からないですん。

もし需要がありましたら…

供給してあげないこともないんだからねッ!///

みなさま、よいお年を。

スポンサーリンク