読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。自由気ままな気まぐれブログ

Qさまで大島育宙の身に起きた悲劇について特筆する

昨日、Qさまを観た。

いつも通りの螺旋階段クイズにエースの宇治原さん、期待の新星カズレーザーさんなどお馴染みの面々が揃う中、わたしはそこにいるはずのない人物の姿を目撃してしまったのだ。

そう、それは… 大島育宙 (おおしまやすおき)さんだ。

彼を始めてみた時は「あれ?出禁になったはずじゃ…」と少し根拠のある偏見極まりない感想を抱いてしまったことに、ご本人そしてファンの皆様に全力で謝罪申し上げたい。

では、彼は幽霊にでもなって権化の姿で現世に現れたのか?というと、そうでもない。

しかし、これは前回のQさまを観ていた人なら、分からなくもない感想だと思う。

では前回のQさまで一体何があったのか?

一言で言うと彼はどうやら やらかしてしまった らしい。

主も肝心の前回は途中からしか見てないのだが、その日は螺旋階段とは違い、従来のプレッシャーSTUDYに近い所謂チーム戦での出来事だったそうな。

そこで彼は、無謀にも一番難易度の高い10番の問題に果敢に挑んでいき、溢れんばかりのやる気はあったがいいものの、いかんせん持ち合わせた知識が乏しすぎて30秒もたたないうちに自爆するという逆ファインプレーを2度ほど披露していたような気がする。

先程も書いたが途中からしか見ていないのと、主の物忘れが激しいのも相まって記憶が曖昧であるため間違っていたらゴメンナサイ。

そして、この戦いは紛れもなく”チーム戦”だ。

ということはつまり、1人が間違えるとそれまでの正解が全てパァになってしまい、全員の足を引っ張ってしまうという連帯責任制なのだ。

そのルールを知ってか知らずか、初出演なので戦闘レベルは1に等しい大島さんが、いきなりラスボスに挑んで行って木端微塵に砕け散るという坂本龍馬にも「夜明けは程遠いぜよ」と言わしめるくらいの珍プレーであった。

これがまぁ一視聴者なら「若気の至りか」「初戦だしな」くらいフランクに済ませてしまうものだが、どうやらこれがQさま史上に残る前代未聞の悲劇だったようで、次の問題に大島さんは1人だけ不参加という確かに今まで一回も見たこともない狂想曲が繰り広げられていた。

これは傍から見たら明らかに「ペナルティ」で、先ほどの失態を反省しなさいと言わんばかりの仕打ちであったように思う。

 これを観た時の心情としては

「さすがにやり過ぎじゃないのか」

「前の失態を見れば当然の仕打ちか」

「このままではチーム全員の命が危ない」

「よし、外そう。そうしよう。」

となぜか納得してしまうという一視聴者もびっくりのペナルティだ。

こうして一夜で10年分のQさまのファインプレーを遥かに凌ぐ多大なインパクトを残した大島さんだったので、「もう出れないな」「Qさま出禁だな」と思った人は少なくないはず。

しかし翌週のQさま(昨日)には、なんとその大島さんの姿があるではないか!

しかも決勝戦まで進出するというとても前回玉砕したのと同一人物とは思えないなかなかの好プレーだ。

まるで”一週間ですっぽんが月になる!”というどのサプリを試したのか怪しいくらいの変貌(?)っぷりだ。

彼は、Qさま出禁になった訳じゃなかった。

オリンピックでもないのに、記録よりも記憶に残るプレーを披露して次回からの出演は絶望的と誰もが思っていたはず。

なのに、サクッと汚名返上!ファインプレー連続でパワーアップ☆して戻ってくるなんて出来すぎている。

そう、これは出来すぎている…( ゚д゚)ハッ!

と、その時主の脳裏にある一筋の筋書きが浮かんだ。

「これはパフォーマンスなのではないか?」

そう、1回目の大失態からの2回目の大活躍、一度ハードルを下げることによって次から相乗効果で周りから一目置かれるという…計画的犯行なのでは?という疑惑が浮かびあがった。

何を隠そう、彼の本業は芸人なのだ。

初めに悲劇と描いてしまったが、彼にとっては喜劇だったかもしれない。

仮に計画的じゃなかったとしても、爪跡を残せたため結果オーライだ。

そして何より思ったのが…

 

頑張ったんだな(`・ω・´)

 

事実は小説よりも奇なりとはよく言ったもので、Qさまはやはり実力勝負であると信じたい。こういう特異的な逆転劇さえもシナリオ通りと思わせてしまうくらい大島さんの器量が凄いということなのだろう。

なんせ彼はああ見えて東大生ですからね。

しかも過去問を3周しただけで合格しちゃったという「それで受かるんなら誰も苦労しねぇよ!」と総ツッコミを喰らいそうなスタイルで受かったという偉業の持ち主。

こうも綺麗な逆転劇を魅せられるというのも一種の才能なのかもしれませんね。

今後もこのような秀逸な一発ギャグ(?)を見せてくれるかもしれませんな。

東大王の初回を見た感想を、今こそ解き放とう

そう、あれは4月も終わりとなる最終日、30日のこと。

いつもは特に観たい番組もなく、静寂に包まれていた我が家のお茶の間に、一筋の光が差した。そう、それは…

 

東大王…!キラキラ

 

これまでお馴染みのクイズ番組と言えば、年に1度クリスマスの1か月前くらいに放送される「頭脳王」でしたが、こちらの番組はなんとレギュラー化しちゃうとかなんとかで…!

遂にクイズに時代が追いついたー(゚∀゚)―!

そうと決まれば、自称クイズ好きの主が黙っているワケには行きませんー!(黙れ

ということで、初回を見て一週間程寝かし、温めた思いの丈を今、解き放ちます!パァァ

 

まずは伊沢さん、優勝おめでとう\(^o^)/

Qさまを始めクイズサバイバーやハナタカでの出演が目覚ましい伊沢さん。

以前参加した頭脳王では不遇な扱いを受けて惜しくも決勝進出なりませんでしたが、今回は堂々のトップ通過、そしてその勢いのまま優勝しちゃいましたね…!

ついに彼の努力が報われた…!と思うと、こちらもなぜか感無量です(笑)

クイズプレイヤーの中では結構バラエティ寄りなのか?と思っていましたが今回の優勝でやはり真の実力者だということが判明いたしました\(^o^)/

脳内世界旅行でも前回のモーリタニアの雪辱を果たすがごとくポイント獲得。クイズにかける情熱が一番伝わってきたように思います。

 

問題のレベルはどうだったのか

いや、もちろん一般正解率からすれば難易度は十分高いですよ?笑

しかし、往年の頭脳王に比べたら難易度はそんなに高くなかったように思います。

その証拠に、主は頭脳王の問題は一問も解けません(辛うじて一問解ける場合も)が、東大王の問題はいくつか解けました\(^o^)/

計算問題が比較的少なかったのも、数学がちんぷんかんぷんの主にとっては好印象\(^o^)/

とまぁ、2・3問はお茶の間でも解ける問題を入れて親しみを持ってもらおうという番組側の思惑に、まんまとはまった訳じゃないんだからねッ!//

 

頭脳王覇者、水上くんは不調?

全国の知識自慢が集まるクイズ番組「頭脳王」を2連覇したことでお馴染みの水上くん。そんな彼なら今回も余裕のよっちゃんか?と思いきや、一回戦で5人選出される時点でギリギリクリアだったり、準決勝戦では焦って誤答を繰り返したりと…ちょっとはやってしまっていましたね。

当然実力は十分ありながら…の結果だったんでしょうが水上くんにしては問題が易しすぎた(合わなかった)節もありーの、相手も強かったりーと分が悪かったのかな?

いやーにしても、コンゴ惜しかったですね!

確かに、アフリカにはコンゴと名の付く国は2つほどあります。しかしそれが人民だったか民主だったか…世相の移り変わりの速いアフリカの国なんて、遠い島国の日本からしたら蛹が成虫になるくらいのインパクトしかないから熟知するのは難しいんですよネ(笑)スイマセンネ

でも、東大王チームの一員となれたので一安心。今後の活躍も期待しておりますん!

 

鶴崎さん

で、出た!謎の新人ことダークホースこと初代東大王こと鶴崎さん。

あまり見かけない顔だにゃ~?と思いきや出演したてホヤホヤ(?)の新人クイズプレイヤーの方だそうで。

番組を観てて思ったのは、ひらめき力的な一歩穿った視点が冴えているということ。特に、落とし穴にはまって慌てる様子「凶」を答える一節は神がかってましたね…!(((( ゚ω゚)))) こればかりは予め知ってる場合を除いて地道に考えるしかない(笑)考え方から何から「やはり東大だな…」と言わしめるファインプレーでした。

それから鶴崎さんは答えた後の解説がすごく分かりやすい。

三角形の規則性問題とかも多分中学の時に実力テストで見たであろう問題と同種だったんですが、およそ5年程の時を経てようやく仕組みが分かりました…!

というわけで、鶴崎さんにはもっと答えてもっと解説してもらうこと希望!(`・ω・´)

 

 今後は

 隔週で出演者変わるのかな~と思いきや、今回の上位3名の東大王チームに対し、まさかの芸能人チームを加えて番組を構成する模様です(笑)しかもよくよく見たら東大ではない人物も1人…あ、2人…あれ3人…!?と気付いてしまったことには言及しないでおきましょう…(*/ω\*)

さらに次回の放送は2週間後なんですね(・ω・)

「レギュラー化して毎週見れる~!」と喜んだのがぬか喜びとなってしまったではないですか(・ω・)

まぁいい…東大王のためなら…待っていますいつまでも…!

パナップのパリパリチョコがなくなって絶望を隠せない人のために

わたしは、気づいてしまった。

かつて主の中で最盛を誇っていたアイス「パナップ」にパリパリのチョコ層が無くなっていることを…!

そう、わたしが彼女に初めて出会ったのは多分小学生の時。

それまでアイスに対しては「スーパーカップよりも爽の方がシャリシャリしてて美味しい~」という鼻水小僧が鼻水垂らしたかとも言えるごく当たり前の感想しか抱いていなかった。

ここに来て10年越しに感想を引用されるとは、きっと10年前のわたしも驚いていることだろう。

しかし、パナップを食べてから主の世界が180度変わったのだ…!

甘みと酸味が絶妙に調整されている濃厚なイチゴソースに爽やかなバニラアイス、そしてその間に入り込むパリパリとしたチョコレート…!

まるで夜空に輝く満点の星がキラキラ光るダイヤモンドの様に見え、スキンヘッドの人を見ればみんながお釈迦様に見え、さらにその頭部までもキラキラと光り輝いt(そこまでにしとけ

その感覚は、人生で初めてだった。

今までにない食感に、私は思わず

「アイスクリーム界の革命児やあ」

と主麻呂の如く叫びそうになった。(実際に叫んではいない)

しかし、この時主の中で何かしらの革命が起こっていたことは確かだ。

それからというもの、主の中のアイスヒエラルキーにおいてそれまでトップだった爽を抜いてパナップが堂々の1位に躍り出たのである。(イチゴ味に限る)

それからというもの、パナップ…いや、彼女に会いたいがためにスーパーに足繁く通った。イチゴ味ばかりだと飽きてきたので、偶にはブドウ味も買った。

主はいつもなら、フレーバーを変えない派だ。

ポテチならうすしおじゃがりこならサラダ…という風に食べるフレーバーはほぼ決まっている。それが変わるとなると「天変地異の前触れか!?」と、全主が驚くほどの異常事態なのである。

しかし、主はそんなことも構わず「彼女のことをもっと知りたい」「彼女のいろんな一面を食べてみたい!(怪しい)」と探求心が芽生えるほどに夢中だった。

しかし彼女は人気者でライバルも多い。

次第に、すれ違いで会えないことも多くなっていった。(売り切れ)

それからというもの、アイスの幅が広がった主は一線を越え始める。

モチモチとした食感が特徴の雪見だいふく、個性豊かなフルーツアイス、1本が2つに割れて1回で2度楽しめるフゥ!一石二鳥!なポッキンアイスなど…手当たり次第に食い散らかした。

そう、彼女に会えない寂しさからちょっとした荒れ期に突入したのだ。

そうこうしている間に夏を終え、いつしか彼女のことを忘れるようになっていった。

そう、これが俗に言うパナップを全く食べなかった氷河期だ。

 そうして平穏な日々を送っていた主はある日、突如電撃が走ったように思い出す。

「あぁ…あれが食べたい…あの濃厚なイチゴソースとパリパリのチョコが織りなすパナップを…!」

忘れられていたはずの彼女は、多大なインパクトを残してずっと主の記憶の片隅に刻み込まれていた。

そして、なにふり構わず走り出した。

靴が脱げようが電信柱にぶつかろうがとにかく前進し続けるというメロスも驚きの全速力だ。(嘘つけ)

そして、スーパーでその姿を見た時はまるで10年前に戻ったような気がした。

 

…しかし、彼女は変わってしまっていた。

 

まろやかな甘みのバニラアイスと、酸味のきいた濃厚なイチゴソースは健在だったが、パリパリのチョコ層が、見当たらない。

初めは「気のせいか?」と思ったのでどんどん下へ食べ進めていく…がしかし、いくら探しても見つからない。わたしは半狂乱になりながらカップの上下左右斜め、東西南北、古今東西ありとあらゆる場所を探した。

しかし、どこを探しても彼女の姿は一向に見あたらない。

そして私の嫌な予感は的中した。そう…

リニューアルしたんだッ!!(`・ω・´;)

と叫びそうになるのを必死に抑え平静を保とうとする…と、同時にどうしようもない絶望感に襲われた。

しばらく見ない間に彼女は変わってしまっていたのだ。

あのパリパリが大好きだったのに、わたしが好きだった頃のパナップは世界中どこを探しても…もういない。

あの古き良き時代にはもう戻れないのだろうか。

こんなことになるなら、もっと食べておけばよかった。

もう、浮気なんて多分しない、あなただけを食べるから…!

わたしはまだ、現実を受け止めきれないでいる。

2人の時計はまだパリパリがあったあの頃から止まっているのだ。

そう、つまり何が言いたいかというと…

 

パリパリ復活希望!!(`・ω・´)キリッ

 

見よ!この時のためにしばし封印していた渾身の決め顔だ。

もしこのメッセージに宛名を付けるとしたら「拝啓 グリコ様」だ。

そして差出人は「け、敬具 ・・・」

…セ、拙者は名乗るほどのものではござらぬ。

流離の身だからな!チラッ(゚ω|壁|ω゚)チラッ

しかしなぜネット上に上げたかというと、主が相当なチキンなのに加えこの気持ちをパナッパー(※1)とシェアしたいからだ。

そう、グリコだけにシェアハピ(?)なのだ(`・ω・´)

 

※1…パナップのファンのこと。普及率は皆無だが今日び主によって命名された将来的には新語流行語大賞を狙っていなくもない次世代のニューワードである。

 

「お前平日の朝っぱらから何やってんだよ!」

というクレームは随時受け付けております((

では、きっと同じ気持ちであろう我が同志に向けて…

この記事を今こそ解き放ちます…!バッサバッサバサ

アナリーズとウェスの親子説が否定されてしまい動揺を隠せない人のために

問題!ターラン

Σ(゚д゚lll)!?

↑この顔文字は主がどういう時にした表情でしょう?

 

チッチッチッチッ…

 

タイムアップ!

正解は、”検索エンジンで「ウェス アナリーズ 親子」というワードを見て愕然とした時”でしたー!(`・ω・´)分かるか

 

何を隠そう、未だに驚きを隠せない主です。(ややこしい

いや、これ確かに一理あるんですよ。

一理あるっていうか、主もドラマ観始めた頃にアナリーズがウェスを贔屓するのは本当は血のつながった親子だからなんじゃないか?という「まっさかー!」の一言で終わらせちゃった疑問の1つだからです。

でもみなさん、やはり同じことを思っていたんですね…!キラキラ

 

では今回はこの疑問を追求するべく主の貴重な5時間(そんなにかかったのか)を捧げることにしましょう。

 

2人が親子かもしれない疑惑の根拠

・2人とも黒人である

 みなさんご存知の通り、黒人の親からは黒人の子が産まれます。

なので遺伝子的に考えればアナリーズのような親からウェスのような子供が生まれてもおかしくはありませんね。

 

・アナリーズは入学当初からウェスを特別視していた

これも大きな要因の1つですね。

そもそもキーティング5は元々4人しか選ばれないはずでした。しかしその年だけアナリーズが特別にウェスを加入させたのです。他にも1人だけアナリーズから特別扱いを受けている様子がうかがえますし、周囲もそれに気づいています。

なぜアナリーズはそこまでウェスにこだわるのか、何か特別な理由がありそうなんですよね。

 

・アナリーズの幻覚に赤ちゃんウェスが登場

 アナリーズが銃で撃たれ、意識が混濁している時に幻覚としてローズとウェスと思われる赤ちゃんが登場します。

しかし、作品の時系列で見るとアナリーズが初めてウェスに出会ったのは10歳の時。それ以前の面識はないとすれば赤ちゃん時代のウェスを知っている(?)のは不自然ですね。

この幻覚は、アナリーズの過去からインスピレーションを受けている可能性が高いためもし本当に知っているとすればいろいろな矛盾点が生じてしまいます。

このような不可解なシーンもそう思わせる要因の一つになりますね。

 

が!現時点では否定されている親子説

誰が否定しているのか?それはもちろんこの作品のサブヒロイン ウェス様 でございます。 ハハーm(_ _)m

 

それはシーズン2も大詰めのとある回でのこと。

心理カウンセラーに「あなたとアナリーズは親子のようなもの」と例えられると、あの温厚なウェスがすかさず「違う!」と 即否定されていらっしゃいました。

というかまるで世相を反映したかのような質問と鋭い回答ッ…!(`・ω・´;)

視聴者が抱く疑問をさも解決するかのような名シーンでした。

と、「そんな怖いのウェスじゃない(シクシク」と顔を覆いたくなるような形相で言われたんじゃ、それ以上ツッコめないですよねー(´・ω・`)

そしてアナリーズは過去におそらく2回(?)流産している経験があるようで、これも隠し子を連想させるような描写でしたがシーズン2最終話で明らかにされた事故での悲劇。

これによりアナリーズは2回とも子供に恵まれなかったことになりますから血縁関係にある子供が存在する可能性は極めて低いです。

それに、こちらも最終話あたりで明かされたウェスの両親について。

母親は紛れもなくローズ・エドモンドですが、アナリーズの見解によるとウェスの父親ウォレス であり、望まない妊娠だった疑惑を抱いているようです。

もしアナリーズが母親である可能性があるのなら、自らそんな仮説を立てるはずがありませんからね。

現時点ではあくまで”仮説”ですので確定事項ではありませんが、肝心のウォレスが銃で撃たれてしまい真相は闇の中となってしまいました。

確かに、これまで不思議なくらいウェスの父親像が出てこなくて不自然だな~…と思ったらなるほどこういうオチだったんですね。

んでちょっと引っかかるのが、キャサリンからウェスに送られた絵がありましたよね?あれにはちゃんと親子3人(父親は光の反射で顔は分からず)描かれていたんですよ。ということは、ウェスは父親と面識がある、父親の顔を知っているということになりますよね?

小さい頃の話だから顔を覚えていない可能性もありますし、もしかしたら別の人物という可能性もあります。(ちなみにこの頃のウェスはメガネをかけていた?ので視力が悪かったのかも)

ので、現時点でウェスの父親がウォレスであるとは断言できません。

が!しかしアナリーズが母親である可能性は極めて低いと言えるでしょうということで本記事を締めくくりたいと思います。