こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。更新すると槍が振るかもしれないブログ

「ブスの本懐」を読んだ読者の本懐

”一目惚れ”とは、多分このことを言うのだろう。

「どのように面白いのか?」と聞かれたら、まず迷いなくカレー沢さんの文才が凄すぎる。

自称コミュ障という素振りを感じさせないくらい紙面上では饒舌で、もじりや言い回しがハイセンスなのである。

たまにマイクを持ったら人が変わるタイプの人がいるが、彼女の場合は筆を取ったら人が変わるタイプで間違いないだろう。

 

そしてまず、褒め称えるべきはタイトル(笑)

主は幸いにも、当時ノイタミナ枠で放送されていたおそらく原題と思われるアニメを見ていたからネタが分かったのだけれど、普通に考えたら横槍メンゴさんから本当に横槍入りそうなタイトルである(笑)

そんな反則スレスレのタイトルと、分かる人には分かるネタで手に取ってしまう方も多いのではないだろうか?

いやむしろ、「このタイトルの秀逸さが分からねぇ奴に用はねぇ」と本自ら読者を選んでいるような気さえしてきた。

ということは、実際手に取って購入してしまったわたしは選ばれし読者なのであろうか?(特に剣は持っていない)

という話はさておき、この本の魅力はというと、前書きから「ブスという兵器のごときデスワードを考えた奴はノーベル逆平和賞である」という秀逸な例えと言い回しで読者の心を鷲掴みにしてしまうことだ。

これを読んだら最後、次も読みたい!続きが気になる!という衝動に駆られ

「家に帰ってゆっくり読みたい」

「本屋で大声を出すわけには行かない」←笑いが止まらなくなるため

という理由により結果、購入に至ってしまうことをわが身により証明した。

タイトルにも書いたが、これ程までに「絶対に買って読みたい」と思える本に出合えたことは今の一度もなかった。

というのも、基本的に本が嫌いで他人が作り出した想像の産物に時間と金と労力を費やすなど飛んだ戯言だ!というモットーを持っていたからである。

そんな性格の人間が一瞬で心掴まれ、帰って速攻読破したというのだからこの本は多少の依存性があるのかもしれない。(確証はない)

そもそもこの本の何が凄いかって、書いてある内容は特に深刻なものではないし、有益な情報が得られるわけでもない。

偶に鋭く的を射た意見も登場するが、一個人の意見や感想として読む読み物以外の何物でもないし、作者自身もそれを自覚しているため何も期待しないで読むことを推奨している。

しかしそのとりとめもないことが彼女の話術によって生きた文章になり、読む価値があると思わせてくれるという一種のカレー沢マジックを堪能することができるのだ。

最早その秀逸な文章力によりこの本が保たれていると言っても過言ではない。

その辺の出所が怪しいどこぞやの宗教団体が主催しているような「幸せになる方法」というような公演を聞くよりも遥かに楽しい。

本書もそうなのだが、主は特にこの本を読んでから作者カレー沢氏についての興味が沸いた。

一体今までどんな人生を送って来たのか、どこでここまでの語彙力を身につけたのか、この人の頭の中は一体どうなっているのか、と。

そう思わせるほど文才があり、読者の興味を筆者にまで沸かせることができるとは…これが世にいうカリスマ性なの…か…!?

その実態は謎のベールに包まれているが、とりあえず悪い人ではなさそうだということが理解できたような気がする。(気のせいかな?)

 

ちなみに主が数あるテーマの中で一番心にグサッと刺さったのは

「傘を差さない女=努力できないブス率がかなり高い」

というテーマである。

初めてこれを見た時は「お主、なぜそれを…ッ!」

と冷や汗を垂らしたのは言ううまでもない。

もはや共感の域を通り越して監視されているのでは?という疑いまで浮上した。

そう、傘を差さない女とはまさしく主のことである。

そして努力できないブスもまた、主のことである。

なぜ傘を差さないのか?と聞かれたら理由も一律して

「面倒くさいから」である。本書の如き、その通りだ。

 

だが、待て!(`・ω・´)

傘を差さない理由は、単純にそれだけじゃない。

そもそも、傘をなぜ差すのかというと雨に濡れないためだ。

では、いざ傘をさすとなると例えば車からドアを開けて出る場合相当な労力を使うことになる。

まず、かばんを持ちながら両手で傘を開き

しかもドアが開いたと同時に雨がかかるので

それに濡れないよう避けながらドアの隙間からやっとのことで傘を開くのだ。

そこから先も傘の範囲から外れないよう器用に身を収めなければならないし、

なんなら車の鍵も閉めなくてはならないので定員2人のところに3人志願、定員オーバー状態なのである。

そんなこんなしている間に少なからず雨に濡れてしまっているし、外での滞在時間も長くなるため雨に晒される機会も多くなる。

しまいには目的地に到着後も”傘をしまう”という業務が人間をより一層苦しめる。

軒下など雨を避ける場所があれば良いが、そうでない場所ではしばらくの間雨に打たれながら傘をしまわなくてはいけないし、しまう前には必ずと言っていい程、傘についている水滴を一滴でも多く振り落とそうと傘を振り回すのだが、その際に少なくとも一滴か2滴は自分の身に降りかかっているというとんだ茶番劇を繰り広げる人も少なくなかろう。

鳥居みゆきもびっくりの見事なリリースアンドキャッチだ。

 

つまり、差しても差さなくても少なからず雨には濡れてしまうということ。

差したとしても濡れないで済むのは歩行中だけで、開いたり閉じたりする時間や動作中に差さないよりも濡れる確率が上がってしまうということ。

結果的に差した方が時間がかかるのでより多くの雨に濡れてしまうということ。

以上の点を考慮すれば、差さない生き方も魅力的に見えたのではないだろうか?

歩行中に濡れることを除けば傘の開閉の手間も省けるし車の乗り降りも圧倒的にスムーズだ。

このようにただ面倒くさいからという理由だけでなく、様々な要素をふんだんに盛り込んで考慮した結果、差さない方が効率的であるという合理的な理由も存在しているという現実も受け止めてもらいたいと思う。

あ、ちなみに流石にゴミ出しはパンイチでは行かない派だ。

とこのように本書を読んで考えることはいっぱいあった。

腹を抱えて笑うことはもっといっぱいあった。

最高に暇で最高に退屈な時に、最高に面白いこの本で最高の暇つぶしをするのが傘を差さないブスのおすすめだ。

では最後に、「ブスの本懐」ときたら作者は「縦槍メンゴ」かな?と思ってしまったことを深く反省してこの記事を締めくくることにする。 ~Fin~ 

もしポルノグラフィティがカップ焼きそばの作り方を書いたら

【美味しい召し上がり方】

この記事は菊池良氏著書の「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」を読んで一目で感銘を受け、すっかり心酔してしまった一読者による尊厳と遊び心をふんだんに盛り込んだカップ焼きそばパロディである。

本書の趣旨とは少し異なるかもしれないが、”この世界のどこかで”痛快極まりない想像を巡らせている変態の創造の産物を生温かい目で見守ると美味しくいただけると思います。

 

「カプヤ蝶」(かやく入れ忘れたバージョン)

 

ヒラリヒラリとラベルをはがし 姿見せたカップ焼きそば

夏の夜の真ん中 月の下

喜びとしてのソース 憂いを帯びたかやくに

世の果てに似ている乾燥めん

 

旅人に尋ねてみた どこまで注ぐかと

いつになればできるのかと

旅人は答えた 線まで注いだら

5分待てばできるのだと

 

そう…じゃあ お湯を注いで フタをしたのはずっと前で

ここに未だ還らない

かやくを入れ忘れたと気づいたのは

今更になってだった

 

あなたに遭えた それだけでよかった

世界に焦りが満ちた

最初に入れるだけでよかったのに

食されたいと願ってしまった

世界が表情を変えた

カップの中で麺とお湯が交じる

 

製造会社がひとつのこのかやくに込めた 

味をついに知ることはない

そう それは友に 他の消費者に届けばいいと思う

 

もしこれが戯曲なら なんてひどいストーリーだろう

進むことも戻ることもできずに

ただ一人シンクに立っているだけなのだから

 

あなたが望むのなら このかやく

いつでも差し出していい

降り注ぐ青のりの盾になろう

ただそこに一袋残った このかやくを

すくいあげて シンクの隅において

 

あなたに遭えた それだけでよかった

世界に焦りが満ちた

最初に入れるだけでよかったのに

食されたいと願ってしまった

世界が表情を変えた

カップの中でソースと麺が交じる

 

荒野に咲いたカップ焼きそば

揺らぐそのかやくの向こう

近づくことはできないマヨネーズ

あったかい水をください

できたらもどしてください

もう一お湯を沸かしておくれ

 

 【おわりに】

っしゃー!歌いきったぞー!(`・ω・´)

思いのほか歌詞がハマりすぎて震えてる私って一体…?((((;゚ω゚))))

かやくを入れ忘れたという定で話を進めたら

みるみるうちにハマる、ハマる!

改めてポルノさんの凄さを思い知りましたね!(違う)

ただ、タイトルがどうしても思い浮かばなかったので無理やり縮めて”蝶”を絡めたのはちょっと不味かったですかね?

他に良いタイトルあればトッピングしてくださると嬉しです。

もし小田和正がカップ焼きそばの作り方を書いたら

【美味しい召し上がり方】

この記事は菊池良氏著書の「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」を読んで一目で感銘を受け、すっかり心酔してしまった一読者による尊厳と遊び心をふんだんに盛り込んだカップ焼きそばパロディである。

 

本書の趣旨とは少し異なるかもしれないが、”この世界のどこかで”痛快極まりない想像を巡らせている変態の創造の産物を生温かい目で見守ると美味しくいただけると思います。

 

 

 

「カップ焼きそばは突然に」

 

作詞:この地球のどこかで

作曲:小田和正

 

何から始めればいいのか 分からないまま時は流れて

フタを開け かやく出す ありふれた手順だけ

君があんまり素敵だから お湯かけるの心許なくて

多分もうすぐ お湯も沸いて 5分待つだけ

 

あの火 あのお湯 あのソースで

君を混ぜ合わせたら

かやくはいつまでも フタに貼りついた…まま

 

誰かが甘く誘う言葉に もう心揺れたりしないで

切ないけど そんなふうに こころは湯切れない

明日になれば君はきっと 今よりもっとふやけてる

そのすべてがカップの中で 時を超えていく

 

君のために僕は食べる 麺をすすり続ける

やわらかく君を包む あのマヨネーズ

 

あの火 あのお湯 あのソースで

君を混ぜ合わせたら

かやくはいつまでも フタに貼りついたまま

 

今 ソースが飛び散った

箸を止めて 服を寄せて

ぼくは忘れない(忘れない~)この日を

いくらこすっても もう取れない

 

君のために僕は食べる 麺をすすり続ける

やわらかく君を包む あのマヨネーズ

 

あの火 あのお湯 あのソースで

君を混ぜ合わせたら

かやくはいつまでも フタに貼りついたまま

 

誰かが甘く誘う言葉に もう心揺れたりしないで

君を包む あのマヨネーズ

 

あの火 あのお湯 あのソースで

君を混ぜ合わせたら

かやくはいつまでも フタに貼りついたまま

 

 

【おわりに】

最後のサビ連続はちょっとくどかったでしょうか?

かやくが何度もフタにくっついてしまいましたね。

元の歌詞をベースに特製のソースをかけたら

替え歌みたいになってしまいましたが決して小田さんをバカにしているわけではないです。ただこの歌詞とメロディーがカップ焼きそばにピッタリだな~と思い食さずにはいられなかっただけです~はい~。

私自身年に1度カップ焼きそばを食べるか食べないかですが、かやくがフタに張り付くのは知る人ぞ知るあるあるだと思います。

しかし我ながらなかなかの完成度です。ぱちぱち。

ちょっとしばらくはまりそうなので専用のタグまで作ってしまいました。

ちょくちょくいろんなカップ焼きそば作ってますのでよければ遊びに来てください。

パナップのパリパリがなくなって絶望を隠せない人のために(第3章)

前に書いたパナップの記事のアクセスが日に日に伸びていてプチパニックな主ですコンニチハ。

まさか世の中にこんなにパナッパーがいたとは…!

普段はそんな様子をかけらも見せないのに、やるときゃやるんですね!

みんななんだかんだ言ってパナップ大好きじゃまいか(`・ω・´)

それで舞い上がちゃった主は調子に乗ってこうして第3章まで執筆するという現在に至るではありませんか…!(*/ω\*)キャ

 

しかし、今回の主はなんだか様子が違う…?と思った方、視力イイですね!(違う

そうタイトルにもある通り、今回は人生の苦楽を共にしてきたパナップネタの最終章にしようと思っています\(^o^)/

たった3回だったけど…お世話になりました!グスッ

 

そこでわたしと彼女との間に一体何があったのか。

そう、それは春の陽気もうららかなある日のこと…

 

わたしは、再三気づいてしまった。

やっぱりパリパリチョコがないパナップなんて愛せやしないということを…!

 

パナップの美味しさはあのパリパリチョコにかかっていたと言っても、もはや過言ではない。少なくとも私はあのパリパリがないと彼女を一人前のアイスとして見れないのだ…。

 

懸命にパリパリを忘れようとした日もあった。

チョコパリパリで誤魔化そうとした日もあった。

ポテチと一緒に食べることでパリパリを偽装しようとした日もあった。(※1)

 

※1…俗に言うポテチアイスのこと。アイスの甘みを残しながらポテチのパリパリとした食感を楽しむという今世紀稀に見る異色のコラボレーション。名人級にまでなるとポテチをスプーンのようにしてアイスをすくい、そのままかぶりつくという猛者も存在する。

 

でもやっぱり、彼女の代わりなんてどこにもいない…!

 

パリパリがないパナップなんて、たこが入ってないたこ焼きと同じだわ!

 

大昔に、↑上記の決めゼリフを言おうとして間違えて「たこ焼きの入ってないたこ!」と言ってしまったことがあるのは懐かしい思い出だ。

その後場の空気がどうなったかは、察してもらいたい((

 

こうしてやはりあのパリパリがないと付き合えないと確信した私は彼女に別れを告げることにした。

 

「さようなら…!あなたと過ごした楽しい日々は決して忘れないわ…!そしてあなたにパリパリが戻ることをずっと待っているわ…!」

 

こうして距離を置くと決めた主ですが、もしパリパリが復活したらやり直す準備はいつでもできてるよ、というテイラースイフトもびっくりのメッセージ性が込められていることに気付いただろうか(`・ω・´)?

もし私が曲を書いたなら「We'll probably get back together」となるだろう。

 

♪BGM:旅立ちの日に 「今、別れの時~飛び立とう~未来信じて~」

 

どうやらお別れの時間が来たようだ。

わたしは今日から”NOパリパリNOライフ”をモットーに生きていきます。

では、また逢う日まで。 ~Fin~