読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。自由気ままな気まぐれブログ

【殺人を無罪にする方法】レベッカ・サッターという人物像、売人・容疑者・恋人


スポンサードリンク

レベッカ・サッター

 

名前:レベッカ・サッター

年齢:21歳

職業:バーの店員

元恋人:ウェス

 

*ドラマ内でのキャラクター

レベッカは主にシーズン1に主要人物として登場します。

普段はかなりスゴ系のメイク(ハードロック的な)をしていて

黒っぽい服装を好み、かなりイカつい見た目をしています。

大学近くのバーで働いており、社会的地位も低く

キーティング5からも「不良」といった扱いを受けています。

そして彼女は例の如く”ドラッグの売人”という裏の顔を持っており

ドラマ内では完全に「非行少女」の典型例として描かれています。

 

*性格

レベッカの性格を一言で表すのはとても難しいです(笑)

が、わたしが初めに受けた印象では…

・短気で怒りっぽい

・他人に対する警戒心が強い

・思ったことはストレートに言うタイプ

という感じですかね。

口調も淡々として言葉も短いですし

かなりドライでクールな印象を受けました。

 

しかし後にライラと交友があるところを見ると…

・友達思いな優しい一面がある

・人情には結構厚いタイプ?

とも思えてきました。グリフィンの本性を見抜き

ライラを改心しようと画策までするなんて

よっぽど思いやってないとできないことだな、と。

その後も連絡が取れなくなったライラを心配して

学生寮まで尋ねるところを見ると

やはり相当友情を大事にしていたということが伺えますね。

 

*幼少期、過去について

レベッカの過去についてはドラマ内で明かされることはないのですが、

後に一緒に育ったであろう乳兄弟リーバイが登場します。

このことから、レベッカは実の両親のもとで

育てられたわけではない可能性が浮上してきました。

リーバイと同じ乳母から育てられたことから

2人はおそらく孤児院のようなところで知り合ったのだと思います。

あるいは何かしらの血縁関係のある親戚とか。

それと同時に、2人もまた血縁関係ではない可能性が高いです。

それに彼女自身「育ちが悪い」というのは周知の事実のようで

学校もまともに通っていたかどうか定かではありません。

しかし現在は近くのバーで働いて入るという設定ですから

一応は定職についている、社会と繋がりのある生活を送っているという訳ですね。

 

*ウェスとの関係

初めはただのアパートの隣人でしかなかった2人ですが

後に恋人となる事は言うまでもないでしょう。

2人が事件や裁判を通して距離が近づき、

たがいに好意を持ったというまぁ不思議な流れですね。

しかし冷静に見るとウェスは弁護人でレベッカは依頼人

なんとなくではありますが、キーティング5には

「依頼人との恋愛禁止」という暗黙のルールがあるように思えますので

2人は禁断の恋に落ちたということになりますね。

果たして、その愛は本物なのか…

語るとまた長くなりそうなので今回はこの辺にしておきます(笑)

 

*容姿端麗な美人

ここだけの話、主の個人的な意見ですが

レベッカはかなりの美人だと思ってます(笑)

普段はスゴ系のメイクで隠れていますが

あれをとったすっぴん、もっと言えばナチュラルメイク

にしたらレベッカはかなり見られるようになるんじゃないでしょうか?

その証拠に、コナーからも「(ウェスの)女の趣味は悪くない」

という高評価(?)を頂いているわけですからね!笑

きっとレベッカの生まれ育った環境が全く違ったなら

順風満帆な人生を歩めていたんじゃないかなと思います(`・ω・´)

 

*最後

レベッカはシーズン1終盤で無念の死を遂げてしまいます。

一度は無罪になったはいいものの、ルディの事がばれて

再び容疑がかけられることとなりました。

そしてアナリーズ宅で監禁、尋問、裁判…という

完全に魔女狩りのような拘束を受けました。

レベッカがこのことを誰にも話さない確証はなく、

またキーティング5の悪事を握っていること等

開放するにはあまりにリスクが高すぎると判断されたのでしょう。

結局、ボニーの手によって窒息させられてしまいます。

 

今後どのような展開になるか分かりませんが、

まだ唯一つながりのあるリーバイが生きているなど

本作品の重要なキーパーソンであることは間違いなさそうです。