こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。更新すると槍が振るかもしれないブログ

東大王第4回目の感想~我楽しむ、故に東大王あり~


スポンサードリンク

どうもこんにちは。数週間越しの東大王ページです。

なぜ2・3回目の感想を挙げなかったのかって(´・ω・`)?

ジャンルが大幅に主ゾーンから外れていたのと、問題がほとんど解けなくて完全にアウェー状態だったとか…口が裂けたら言えそうな気がしまs((

にしても東大王チーム、4回連続優勝とは流石ですねー!

中京大に追い詰められていましたが決勝で底力を見せてくれました、うむ。

4回通して見てきたけど、東大王チームはなぜか決勝戦で圧倒的に強い。

まさかその時のために体力温存しているのか?

途中で間違えたりするのは計画的な演出だったりして(((( ゚ω゚))))ガクブル

というのはさすがに考え過ぎですかね~。

 

で、感想を端的にまとめると今回はとても楽しかった!

なぜ楽しかったのか…その理由は先ほども述べたように2・3回目が完全にアウェー状態で意識喪失していたために全然楽しくなかった後の相乗効果d…((

という訳でもなく、単純に今回はたくさん問題が解けたんです。

多分4回分通して今回が一番解けた!という根拠のない自信があります。

とは言っても、正解数にして出演者の半分にも満たない程度なのですが…

番組の問題が解け始めてしまった…ということは難易度をかなりお茶の間レベルに合わせてきたんじゃないのか?という疑惑が浮かび上がりました。

問題を振り返ってみると少し前の時事問題からひらめき問題などなど…

(そういや今回絵画と国名の問題多かったな)

ちょっと話はそれますがレギュラー化した東大王とは対照的に、1年に1度行われる「頭脳王」という番組をご存知でしょうか?

同番組の伊沢君と水上君もこちらの出演歴があります。

この頭脳王という番組は本当にレベルが高くて、私は過去に一問も解けない(解けたとしても1問)くらい難易度がかけ離れている番組で初めて彼らを見た時は

「人間広辞苑だ、生き字引だ、歩く辞書だ…!((((;゚ω゚))))ガクブル」

と震えあがったのを覚えています。

なんていうか携帯して持ち歩きたいくらいの知識が詰まってるんですよね。

この感動を覚えていた私は、つい”ラ・ジャポネーズ”の作者名を答える問題で、

「これがもし頭脳王だったらこの女性の名前を聞いてくるだろう…マチガイナイ!」(正解:カミーユと言う女性の方だそうです。モネの奥さん。)

と不謹慎な妄想をしてしまったことをこの場を借りて謝罪したい。

局も違うし、番組も別物だから比べようがないことは分かってるんですがね。

東大・京大レベルの問題が解けて嬉しいけど…

体の芯から震え上がるような凄みがない。

解きたい、でも解けちゃダメなんだ…!

という葛藤からいつの間にか自分と戦っている主に誰か制裁を下してくれ。

 

で話は戻るのですが、やっぱり彼らは凄い。

2千円札の裏側に書かれているのが紫式部なんて普通は知らないからね!

しかもみんな平成世代だから言い換えれば

「2千円札?何それ美味しいの?」世代だよ?

現在では製造されてないらしいので存在自体知らなくても無理ないのに肖像画まで知ってるなんて。あれで1人しか間違えないっていうのは流石クイズ界隈の人たちだよ…!(神山君気にしないでね)

 

そして夏の大三角形の星は見事全員正解でしたね(笑)

これが一般正解率だったら30%にも満たないだろうに、いとも簡単に100%叩き出す今回のメンツ、本当に凄かったです。(神山君正解おめでとう)

 

次週4週間後ですかあ~!

まただいぶ間が空きますねえ~!

仕方ない、それまでシリアルと3ℓのミルクで凌ぐしかぇなぁ…(怪しい)

では最後にデカルト様、記事タイトルに名言をちょっと拝借しました。

喜んで使わせていただきました\(^o^)/