こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。更新すると槍が振るかもしれないブログ

パナップのパリパリがなくなって絶望を隠せない人のために(第3章)


スポンサードリンク

前に書いたパナップの記事のアクセスが日に日に伸びていてプチパニックな主ですコンニチハ。

まさか世の中にこんなにパナッパーがいたとは…!

普段はそんな様子をかけらも見せないのに、やるときゃやるんですね!

みんななんだかんだ言ってパナップ大好きじゃまいか(`・ω・´)

それで舞い上がちゃった主は調子に乗ってこうして第3章まで執筆するという現在に至るではありませんか…!(*/ω\*)キャ

 

しかし、今回の主はなんだか様子が違う…?と思った方、視力イイですね!(違う

そうタイトルにもある通り、今回は人生の苦楽を共にしてきたパナップネタの最終章にしようと思っています\(^o^)/

たった3回だったけど…お世話になりました!グスッ

 

そこでわたしと彼女との間に一体何があったのか。

そう、それは春の陽気もうららかなある日のこと…

 

わたしは、再三気づいてしまった。

やっぱりパリパリチョコがないパナップなんて愛せやしないということを…!

 

パナップの美味しさはあのパリパリチョコにかかっていたと言っても、もはや過言ではない。少なくとも私はあのパリパリがないと彼女を一人前のアイスとして見れないのだ…。

 

懸命にパリパリを忘れようとした日もあった。

チョコパリパリで誤魔化そうとした日もあった。

ポテチと一緒に食べることでパリパリを偽装しようとした日もあった。(※1)

 

※1…俗に言うポテチアイスのこと。アイスの甘みを残しながらポテチのパリパリとした食感を楽しむという今世紀稀に見る異色のコラボレーション。名人級にまでなるとポテチをスプーンのようにしてアイスをすくい、そのままかぶりつくという猛者も存在する。

 

でもやっぱり、彼女の代わりなんてどこにもいない…!

 

パリパリがないパナップなんて、たこが入ってないたこ焼きと同じだわ!

 

大昔に、↑上記の決めゼリフを言おうとして間違えて「たこ焼きの入ってないたこ!」と言ってしまったことがあるのは懐かしい思い出だ。

その後場の空気がどうなったかは、察してもらいたい((

 

こうしてやはりあのパリパリがないと付き合えないと確信した私は彼女に別れを告げることにした。

 

「さようなら…!あなたと過ごした楽しい日々は決して忘れないわ…!そしてあなたにパリパリが戻ることをずっと待っているわ…!」

 

こうして距離を置くと決めた主ですが、もしパリパリが復活したらやり直す準備はいつでもできてるよ、というテイラースイフトもびっくりのメッセージ性が込められていることに気付いただろうか(`・ω・´)?

もし私が曲を書いたなら「We'll probably get back together」となるだろう。

 

♪BGM:旅立ちの日に 「今、別れの時~飛び立とう~未来信じて~」

 

どうやらお別れの時間が来たようだ。

わたしは今日から”NOパリパリNOライフ”をモットーに生きていきます。

では、また逢う日まで。 ~Fin~