こみゅにてぃあ

明日の天気は能天気。更新すると槍が振るかもしれないブログ

見るなよ?見るなよ?絶対に見るなよ…!!(`・ω・´)


スポンサードリンク

このページは…「好きな数字は?」と聞かれたら

一瞬の迷いもなく「ラッキーセブン」と答える主が

ひょんなことから3という数字の魅力に考え耽る…物語である。

 

まずことわざを例に入れてみよう。

・3人寄れば文殊の知恵

・3度目の正直

・仏の顔も3度まで

・石の上にも3年

という風に、ことあるごとに3という数字を区切りにして物事の変化や縁起を担ぎ、仏の顔まで持ち出している。

ただ、石の上に3年乗っただけじゃ石の上にへこみができるくらいで何の変化もないような気がする…とかは言わない方が良いのだろうか。

 

それはさておき、その活躍はことわざだけにとどまらない。

三権分立や三転倒立、三日坊主小渕恵三安倍晋三など、数々の四字熟語にも採用されてきたという華々しい経歴もある。

(※最後の2つがおかしいというクレームはささやかながら受け付けております。)

初めは三権分立を唱えたモンテスキューの故郷、フランスから始まり次に逆立ちのネーミングにまで採用され、今度は坊主を皮肉したかと思えば、いつの間にか総理大臣にまで上り詰めているではありませんか!

こうしてついに日本のトップにまで上り詰め、すっかり世に浸透した3という数字の人気ぶりが、やはり現代からも読み取れるのである。

 

まずはハーフ芸能人。

ローラを筆頭にマギー、ユージ、JOY、リリコ(LiLiCo)等々…

人気のあるハーフ芸能人はみんなだいたいカタカナ3文字なのだ。

一方カタカナ3文字ではない芸能人は一体どうなったか?

重大なスキャンダルをすっぱ抜かれてどん底に陥る者もあればユニットが解散してイマイチパッとしなくなる者等…誰とは言わないがやはり芸名を3文字にしなかったが故の厄災が降りかかっているように思えてならない。

この様子からやはり3という数字から我々人類がどれだけの恩恵を受けているかが伺えるだろう。

ちなみにハーフ芸能人だけにとどまらず芸能界においても3という数字が流行っている。

ズバリそう、不倫だ。

不倫のどこが3なのだ?という同志(え?)のために…説明しよう!

 

[不倫とは…]

既婚の身であるにも関わらず、「夫が家を空けて帰ってこない…寂しい」「妻がモバゲーばかりで相手にしてくれない…寂しい」などの理由で別の異性と関係を持ってしまうこと。これには、自分・配偶者・不倫相手という3人の人間が絡んでいるため、自分の家庭、相手の家庭、そして法律を絡めるに絡めたれっきとした”三角関係”なのである。(制裁可)

 関連ワード:修羅場、ゲス、ベッキー

このように、1人でも2人でもなく3人の人間が集まることによって事が動くようになるのだ。

 

そしてauのCMでお馴染みの3太郎もその一味である。

桃太郎、浦島太郎、金太郎。 (人気順)

こちらも昔話に登場する太郎を3人チョイスしたというその人数設定が話題沸騰の契機になったと言っても過言ではない。

 

そして何より、3という数字を愛し、3という数字に愛される男。

古今東西どこを探しても、彼ら以上に3に相応しい人材はいないであろう逸材が存在するのだ。

それは紛れもなく… ダチョウ倶楽部

「冗談じゃない!」と思う人もいるかもしれないが本当に冗談じゃないのだ。

彼らの芸を振り返ってみよう。

熱湯風呂で披露するリアクション芸でお馴染みの煽り文句

「押すなよ!

 押すなよ!

 絶対に押すなよ!?」

こちらもご覧の通り計3回にわたる「押すなよ」により構成されている有名なリアクション芸である。

もしこんなセリフを芸人界の大先輩に言われたら

「押したら最後、業界干される」くらい強力的な禁止の意味で捉えてしまうが、ダチョウ倶楽部の場合は一味違う。

1回目と2回目はそのままの意味の通りで絶対に押してはいけない。

もし押そうものならオチが控えている3回目を聞くことなく笑いをとることになってしまうので、最悪ややウケという悲惨な結末を迎えることになる。

そしてポイントは最後の「絶対に押すなよ!」であるが、これは1・2回目の押してはいけない常識を根底から覆す「絶対に押せ!」という意味である。

3回目で意味が覆るというのが味噌で、ここで押されないとリアクション芸が成り立たず、これまでの煽りが全てパァになってしまうという大役なのだ。

ちなみにこの一芸、「三度目の押すなよ」の他にもう1つ重要な秘密が隠されているのをご存知だろうか?

例えをあげると麻薬乱用防止のキャッチフレーズとして「ダメ、絶対」という強い禁止を意味するワードが用いられているが、これが実は皮肉なことに、”人は強く禁止されればされる程したくなる”という深層心理があるので逆効果なのでは?と一部巷では囁かれているのというもの。

これを専門用語では「カリギュラ効果」というのだが、じゃあこれを逆手にとって、して欲しい場合は強く禁止することにより相手に意欲を沸かせることができるという高度な心理テクニックが隠されているのだ。

3回繰り返し言うことにより強調性を増し、三回目の前頭には「絶対に」という最早これは狙っているとしか思えないようなキーワードを盛り付け、熱湯リアクションの出来上がりという訳だ。

「押すなよ」と言いつつも本当は押してもらいたいのでこのカリギュラ効果を見事に使いこなした上島竜兵バカから紙一重で転身した天才なのだろうか。

そうしてお望み通り熱湯の彼方へと落とされる訳だが…

これもやはり本望ということにしておこう。

 

それでは最後に…見るなよ?他の記事も見るなよ?

絶対に見るなよ…!!(かすかな期待)